UKロック好きの呟き

主にUKロック関連情報をご提供。コメント大歓迎/お話ししましょ~

【スポンサーリンク】

Viola Beach あの痛ましい事故から2年

デビューアルバムを控え初の海外公演に乗り出していたイギリスはWarrington(ウォリントン)出身の若手バンドViola Beach(ヴィオラ・ビーチ)。
2016年2月13日、ストックホルムから英国へ向かう帰路で彼らを乗せた車を凄惨な事故が襲いました。4人のメンバー全員とそのマネージャーが亡くなり、UKロック界からはリアム・ギャラガー、ストーン・ローゼス、コーティナーズなど数多くのアーティストからその早すぎる死を悼む、追悼の言葉が送られました。

この痛ましい事故からちょうど2年を向かえましたが、地元ウォリントンでは彼らのことをこれからも忘れずにいよう、大切にしていこうと様々なアクションが起こされているようです。

先日、Viola Beachのメンバーが音楽に打ち込んだ地元プリストリー大学では、友人、家族、ファンらが集まって彼らに思いを馳せました。
メンバーもよく利用していたという校内のカフェでは、カフェの名前を”The Viola Beach Caffe”に変更し、また彼らのことを紹介するブースのようなものを設けようと検討がなされているようです。

今年の5月、地元ウォリントンではUKインディーギターロックの祭典とも言うべきラインナップによるNeighbourhood Weekenderが初開催されます。
もしかすると、彼らのことを追悼するようなイベントも開かれるかもしれません。

前途有望、まさにこれから世界に羽ばたこうと夢を掴みかけていた彼らを襲った悲劇、しかしバンドの音楽は一生輝き続け、彼らの記憶が生き続けることを証明してくれます。

http://www.warringtonguardian.co.uk/news/15922839.Remembering_Viola_Beach_and_band_manager_Craig_Tarry_on_second_anniversary_of_tragedy/

f:id:the-moonlight-driver:20180216124754p:plain