UKロック好きの呟き

主にUKロック関連情報をご提供。少しでもお役に立ちましたら幸い。。

【スポンサーリンク】

Neighbourhood Weekender2018 というフェス

私事ですが、UKロックを愛するあまり1、2年に1回ぐらいのペースで英国にライブを見に行っております。Noel GallagherがDamon Albernらと共演した2013年Royal Albert Hall、Jake Buggの2014年地元Nottingham凱旋公演、Courteenersの2015年Heaton Park、2015年の冬はマンチェスターに1週間滞在してNew Order、Noel Gallagher、Courteenersを。
「なんだお前金持ちか、全然ロックじゃない。。」とか思わないでくださいね。
このためにどれだけ生活を切り詰めてバイトして毎年資金を集めてきたことか。。
翌年社会人になったため、忙しくてしばらくいけてなかったのですが、ついに今年の5月久々に渡英します!目的は初めての英国フェス「Neighbourhood Weekender2018」
まずはラインナップをご覧ください

f:id:the-moonlight-driver:20180226143353p:plain

ヘッドライナーはノエルとコーティナーズ!「またかよ」とか言わないでください。
Neighbourhood Weekender2018は今年初開催のフェスで、マンチェスターとリヴァプールの間あたりWarrington(ウォリントン)という街で行われます。
「ウォリントンてどこ??」と思った方、安心してください。
英国人でも「どこやねん」と思った人は多いようです。
地名自体はおいて置いて、マンチェスターとリヴァプールの近くといった立地からも、元気なロック好き野郎どもが沢山集まってきそうではないでしょうか。
集客は25000人ほどのようで、あまり大規模なフェスではありません。
会場はVictoria Park。かつてRadioheadの公演やV Festivalが開催されています。
さて、ラインアップをよく見てみましょう。現地では客層を絞りすぎなフェスってことで少し話題になっているようです。ギターロック好きの野郎どもしかこなさそうなラインナップですよね。
しかもご覧の通りメインアクトの殆どがイングランド北部出身。
・Courteeners (Manchester) ・Miles Kane (Birkenhead) ・Circa Waves (Liverpool)
・Reverend & The Makers (Sheffield)・Starsailor (Wigan) ・Cabbage (Mossley)
・Noel Gallagher (Manchester)・Blossoms (Stockport) ・The Coral (Liverpool)
・The Sherlocks (Bolton upon Dearne) ・The Pigeon Detectives (Rothwell)
フェスって確かにギターロックメインでやってるとこはすごく多いですけど、ここまでファン層が絞られそうなラインアップはあまり見たことがありません。
一部「白人の同じようなギターバンドばかり」との批判めいた声もあるようですが、嫌なら来なければ良い。まさに、ギターロックバンドだけによる、ギターロックバンド好きのためだけの、ギターロックバンドの祭典です。
コーティナーズのリアム・フレイもこのフェスについて「THIS. WILL. BE. INSANE
I've not seen a Line Up this strong in fucking ages. Gonna be so good. 」と興奮気味にツイート。
チケットは即日完売。まだ追加アーティストがあるようで、個人的には今年新作リリース予定のPeaceを熱望しております。(結構ありえそうじゃない?)

 

「ライブの為にイギリスまではちょっと。。」と思っているあなた!そんなことを言いつつ、もしフジロックに行く気力体力とお金がもしあるのなら”ライブの為の渡英”は十分に選択肢となるということをここに証明しましょう。

まず1番のネックが航空券ですが、今回は私はカタール航空ドーハ経由で手配。
乗継があるため時間は少しかかりますがマンチェスターまで往復で約8万円。
どうでしょう、「思ったよりしないな」と感じませんか?
日本はいわゆる極東、方や英国はヨーロッパ西の果てに位置しています。
中東経由は安いし、航空会社の機材も最新のものが多いのですごくお勧めです。
カタール航空、エティハド航空、エミレーツ航空などですね。
”経由”とか、”中東”って聞くとちょっと腰が引けてしまう方も中にはいるかもしれませんが、何も難しいことはありません。特別危険なこともありません。
欧州外の人が中東を経由してヨーロッパ入りすることはいまや1つのスタンダードになっています。

ホテルですが、これに期待するのはやめましょう。安さ重視です。どうせ観光やライブで外にずっといるのですから。英国特にロンドンの宿泊代はかなり高いです。高いくせに見かけだけ豪華で中はすごくぼろかったりします。
往々にして狭いですが、こぎれいなあたらしめのビジネスホテルでしたら1泊1万円前後でうまくいけば抑えられます。
Ibis系列のホテルがお勧めです。そこそこ大きめの都市ならどこにもあります。
日程が定まり次第早めに予約しましょう、そのほうが安く済むことが多いです。

食事に期待したりお金をかけるのもやめましょう。おいしいものは日本でいくらでもありつけます。

イギリス鉄道網はかなり発達していて便利です。鉄道で基本的にどこでもいけます。早朝から割と遅い時間まで運行もしてます。
事前に予約していくことでかなり金額を抑えられます。旅程がはっきりしたら早めにネット予約してしまいましょう。

そして肝心のライブのチケットですが、最近は電子チケットが多いです。日本に届かないなんてことを心配する必要も少なくなってきました。
事前にチケット購入サイトで会員登録をしておけば、1分もかからずに購入完了、30秒後にはチケットが手元に、そんな世界です。
便利になりましたね。ちなみに現物が国際便で日本の住所に送られてくるパターンも何度か経験してますが、未着トラブル等に巻き込まれたことはないです。
遅くとも3週間前ぐらいには手元に来てました。
よく利用しているのはGig And Toursというサイトです。ですがTicketmasterで買おうがどこで買おうがあまり変わりません。
人気公演発売開始時間となると当然日本で起きるのと同じようにサーバーが混雑し、なかなかつながらないことが多いです。基本的にお勧めは”ただじっと待て”です。しかし最悪の場合も想定しなくてはなりません。つながったころには目当ての席が完売なんてことも。そういう時はあわてずに即ライブハウスやスタジアムなどの会場のHPに行きましょう。会場のHPからもチケットを購入できることは多いです。Gig And ToursやTicketmasterなどの大手サイトで売り切れになっていても、ちゃっかりまだストックが残ってたりします。
「もうどこでも売り切れだ(泣)」そんなときは最終手段の転売です。Get Me InというTicketmasterが運営しているリセールサイトでチケットを購入したこともありますが、トラブルなく完結しました。電子チケットタイプであればあまり心配せず活用してよいでしょう(多少の出血は覚悟ですが、、)。ただし、現物が送られてくるとなるとかなり未着トラブル等リスクがでてきますので要注意ですね。

あちらのライブチケットは日本に比べて至極安いです。
今回のNeighbourhood Weekender2018ですが、2日通し券で95ポンド。
もしいけなくなったときの為のキャンセル保障サービスをつけても、サマソニの1Dayより安いです。電子チケットなので送料もかかりません。

今回の旅行(3泊4日)では、必要経費(航空券、ホテル代、鉄道とバス代、食費、チケット代)で約15万円といったとこです。それなりにまじめに働いて、それなりに浪費を避ける努力をすればどうにでもなると思いませんか?
ましてフジロックに行くだけのお金を音楽につぎこむ人であればなおさらです。

日本では洋楽ロック好きのために用意されたフェスは7月のフジロックと8月のサマソニしかありません。しかし、英国では5月末あたりから9月まで毎週のように各地で魅力的なラインナップによる音楽フェスが開催されています
お仕事上、フジやサマソニに行くのが難しい方は時期をずらしていっそのこと英国まで行ってしまうというのはいかがでしょう?
敷居が高いと思ってあきらめていた方がもしいらっしゃったのなら、この記事が少しでも後押しになったら幸いです。一般庶民である私が何回も性懲りもせずライブの為にイギリスに行っているのを見れば、いかに刺激的な体験が待っているのか、お察しいただけるのではないかと思います。

※注意※
あちらの方々はライブで音楽に聴き入るという感じはあまりありません。
ライブ中でも平気でべらべらおしゃべりしますし、アルコールは投げつけるものだと思っている節もあります。しかし、ライブ前のBGMから音楽にあわせて大合唱が起こるなど、本当に楽しそうです。ライブは音楽を聴く為ではなく「同じ音楽好きの仲間たちと空間を楽しむもの」だという雰囲気です。歌って踊って、飛び跳ねて、ぶつかり合って。特に英国人はみんな歌うのが大好きです。
そんなライブの楽しみ方に合う人、合わない人がいると思いますので、その辺はご自身で是非ゆっくりと検討してみてください。