UKロック好きの呟き

主にUKロック関連情報をご提供。コメント大歓迎/お話ししましょ~

【スポンサーリンク】

孤高のソングライターBill Ryder Jones

Bill Ryder Jones(ビル・ライダー・ジョーンズ)。
UKロックファンでしたら名前ぐらいは聞いたことある方も多いかもしれません。
元The Coralのギタリストで(1996年~2008年まで)、現在はソロアーティストとして活動。アルバムを3枚リリースしています。
コーラル時代から大好きなギタリストの一人でして、すごく心地よいサウンドと、その佇まいに惹きつけられていました。


今回はそんな彼を少し詳しくご紹介したいと思います。
日本での知名度はそれほどありませんからね…

1983年生まれ、リバプールのお隣ウォリントン出身。34歳ですが白人の方には珍しく実年齢よりかなり若く見えます。The Coralのリードギタリストとして音楽キャリアをスタート。10年以上に渡りコーラルのギタリストとして活躍をしましたが、2008年に脱退。典型的なリバプールバンドであり続けるコーラル。コーラルとソロになってからのビル・ライダー・ジョーンズの音楽性の大きな違いからも、彼が新しい音楽に取り組みたかったことが長年在籍したバンドを去る大きな理由となったことは間違いないでしょう。

ビル・ライダー・ジョーンズは同業者からの評価が高いアーティストでもあります。Noel Gallagherは彼のことを「Handy guitarist」と評し、Arctic Monkeysのツアーにゲストとして参加、Mystery Jetsが最新作「West Kirby County Primary」を絶賛し、Graham Coxon(Blur)やThe Last Shadow Puppetsと一緒に仕事したりもしてます。


Arctic Monkeys - Fireside - Live @ iTunes Festival 2013 - HD

プレーヤーとしても、ギターのみならず、ヴァイオリンやピアノ、パイプオルガンを弾きこなすなど多才。

1stアルバム「If」は映画のスコアをコンセプトとし、ほぼインストで構成。
エンニオ・モリコーネばりの壮大なインストアルバムにしあがっており、これを元コーラルのギタリストが作った1stソロアルバムだと誰が信じられるでしょう?
ところどころで彼のギタープレイも堪能でき、テンションがあがります。

2ndアルバム「A Bad Wind Blows in My Heart」は全編を通してアコースティックな弾き語り曲メインの構成。
ぼそぼそとつぶやくような歌声と美しいギターの音色が病みつきになります。

3rdアルバム「West Kirby County Primary」は前作よりバンドサウンドをとりいれた楽曲が多くなっています。一方で前作に象徴的な引き語り曲も健在。より多様性に富んだアルバムです。


Bill Ryder-Jones - Wild Roses (Official Video)

因みにAdidasのモデルになったりもしてます。


adidas Originals x SPEZIAL A/W 15 fashion film starring Bill Ryder-Jones

カッコいい…