UKロック好きの呟き

主にUKロック関連情報をご提供。少しでもお役に立ちましたら幸い。。

【スポンサーリンク】

遅咲きのシンガーソングライターGerry Cinnamon

この後来そうな予感がひしひしと伝わってくるアーティストをご紹介します。
32歳にして昨年デビューアルバムをリリースしたスコットランド出身のシンガーソングライターGarry Cinnamon(ジェリー・シナモン)。日本ではまだ全く扱いがありませんが、、スコットランドでは既にかなり人気が出てきており、この春南下して行われるUKツアーを経て人気がイギリス全土に広がっていくと個人的には睨んでます。

まずはとにかく地元グラスゴーでの彼のライブ映像を見てほしいんです。


GERRY CINNAMON - LULLABY - LIVE @ THE BARRAS

どうでしょう、物凄い盛り上がり。。
入場曲KC & The Sunshine Bandの「Give It Up」から大合唱。
本人も観客もとにかく音楽を楽しんでいます、これこそがライブ。。

以下彼の簡単な経歴
1985年スコットランドのグラスゴーで生まれる
幼少期から母親の影響でThe Rolling Stones、Simon & GarfunkelやThe Beatlesに慣れ親しみ、その後Oasis、Bob Dykanを通る。
学生期はロンドンで生活しギターも手にするように。
その後地元に戻り作曲等、本格的に音楽活動を始める。
ライブ活動も重ね、地道にではあるが確実に音楽キャリアを積み上げ、
2016年にはスコットランドで開催される大型フェスティバルT in the Parkにも出演。
9月にはまだどこともレコード契約すらしていないにもかかわらず、O2 Glasgow ABCでの単独公演をソールドアウトに。Glasgow SSE HydroアリーナでのOcean Clour Sceneのサポートアクトにも抜擢。
Scottish Alternative Music Awardsから"Best Live Act 2016"に選ばれる。
2017年、待望のデビューアルバム「Erratic Cinematic」をリリース。
itunes UK singer-songwriters部門で瞬く間にチャート1位に!
かつてOasisもプレイしたGlasgow Barrowland Ballroomでの単独公演を即刻ソールドアウト。(ご紹介した動画の公演です)
2018年はTRNSMT Festival やNeighbourhood Weekender、Isle of Wightといったフェスにも続々出演予定。
5月のUKツアーを発表後、ソールドアウト会場が相次いだため、そのほとんどがより大きな会場へと変更される

以上が彼の現在に至るまでの簡単な略歴でした。

音楽はアコギ一本でやってくスタイル。口ずさみたくなるメロディと、軽快なアコギプレイ、それに絶妙なまでにマッチした魅力的な歌声。彼のライブをYou Tubeでいくつか見た後、即刻私はアルバムを手にしたのでした。と言っても日本ではCDが手に入んないようなんですよね~それどころか音源を手に入れられそうなのはAmazonでのデジタルのみでした。。私事ですが音楽は決まってCD派です。なのでデジタルでしか手に入んないという場合を除いては絶対にCD買うんですが、今回ばかしは泣く泣くデジタルで購入。今度イギリス行くのでCDあったら買ってきます、本国では売ってるようなので~

Jake Buggとか好きな人は絶対気に入ると思います!
デビューアルバム「Erratic Cinematic」激しくオススメの1枚です!!!