UKロック好きの呟き

主にUKロック関連情報をご提供。コメント大歓迎/お話ししましょ~

【スポンサーリンク】

【和訳】「Alone on the Rope」-Noel Gallagher's High Flying Birds-

人それぞれ、一際思い入れのある、特別な曲があるだろう。
この曲は僕にとってまさにその1つ。
学生時代、バイト代をつぎ込んで初めて憧れのロンドンへ一人旅。
イメージ通り小雨降りしきる中、あのロイヤル アルバート ホールに足を踏み入れた。
Teenage Cancer Trust 2013、そこで初めて僕はノエルをイギリスで見ることになった。
気持ちよさそうに、文字通り片っ端から歌いあげる野郎どもの中にまじる。
そんな中、最初なんの曲か分からない伴奏が始まる。周りも若干きょとんである。
一瞬Half the World Awayのスタートをミスったのかと思った。
しかし違う、そうAlone on the Ropeだ。わちゃわちゃ盛り上がってた客もこの時ばかりはステージに見入り、聴き入っていたのが印象的だった。
それ以来、この曲を聴くたびにあの時のロンドンでの日々の記憶を強烈に思い出す。
自分語りが過ぎたが、そんなの関係なしにこの曲は本当に良い曲だ。。


Noel Gallagher’s High Flying Birds - Alone On The Rope (Lyric Video)

I won't let your smile get lost in the fog
君の笑顔が霧の中に迷い込む、そんな風には俺がさせない
I won't let your dreams run away in the dark
君の夢が暗闇に消え入る、そんなの俺が許さない
I still recall the way you were and that look in your eyes
未だに、君の姿そして君の瞳に思いを馳せてる

Can't hear the sound of God ringing in my ear
神様が耳元で音を立ててるようだけど、聴こえないんだ
I still feel the pain
まだ何か痛むんだよ
I carried with me for years
何年も続いてるんだけどさ
I still recall the way you were and that look in your eyes
未だに、君の姿そして君の瞳に思いを馳せてる

You can leave when the walls have fallen down
その壁が崩れ落ちるとき、君はここを去って行ける
I can tell by the look in your eyes
君の目を見ればわかるんだ
You're alone on the rope
君はロープの上で一人っきり
And if you can't find no hope
だからもし希望が見出せなくても
Don't look down
下を向いちゃダメ

この曲、アルバムには収録されてない。僕のようにCD派の人間は海外音楽雑誌「Mojo」の特別号付属のCDを手に入れるほかない。

MOJO Marks 300th Issue And Beatles White Album Reissue With All-White Cover — Mojo

ただこのCD、他にもU2やArctic Monkeys、Johnny Marrなどのレア音源が収録されているのでかなりオススメ。BeatlesのWhite Albumを特集した号でもあるので、UKロックファンは手にしておいて損はない1冊だ。